紫外線が強い地域の外壁塗装の体験談【保護材・サイディング保護】

紫外線が強い地域や海に近い地域の外壁は痛みが早くなります。
そこで、私達の大切なマイフォームを守ってくれるのが、「外壁の保護材」「プロテクター」です。

最近の塗料のクオリティは非常に高く、紫外線をカットする力も強いので、
家を守るだけでなく、エコにもつながります。

外壁 保護材

今回は、紫外線が強い高知県にお住まいの50代男性から体験談を伺う事ができました。

50代男性は「特殊な外壁の色だった為に耐久性能が優れた塗料が使えなかった」と体験談アンケートにありましたが、
現在では、クリアーな保護塗料があるので保護材で上塗りする事で、紫外線、雨風、耐久性、超低汚染性、坊カビ、防藻などの劣化から家を長期にわたり守る事ができます。

少々、塗料の価格が高くなりますが、温暖化で年々気温が上昇する近年、
長い目で見ると塗替えの際に思い切って、家を丸ごとプロテクトするのも良いかもしれません。

>>塗替え面積を入力するだけで相場が解る「外壁塗装の駆け込み寺の」はこちら

 

高知県在住50代男性の外壁の体験談

Q:外装業者はどのように決めましたか?
A:馴染みの業者に依頼

Q:工事を依頼した外装業者は?
A:個人の塗装業者

Q:選定した理由は?
A:相談のしやすさ

Q:工事見積もり金額は幾らでしたか?
A:240000円

Q:工事代金は幾らでしたか?
A:240000円

Q:平米数はどのくらい?
A:約48㎡(外壁の塗った面積)

Q:外壁塗装・外装リフォーム工事の種類と内容は?
A:高圧洗浄、コーキング、サッシなどにマスキング、細部以外は基本的にローラー刷毛による塗装。以上の順で工期2日。

Q:保証は付いていましたか?
A:付いていませんが、相談はできたようです。

Q:トラブルはありましたか?
A:なし

Q:外装塗装に出来栄え、金額に満足していますか?
A:やや満足

Q:外壁塗装に満足、不満足の理由は?
A:そもそも紫色の変わった色を指定しているため、単純な色に多い、耐久性能が優れた塗料が使えませんでした。
そのために紫外線による色の薄れは致し方ない、と感じていましたが、思った以上に高耐久だったため、やや満足の評価を致しました。
ただ、完全な満足とは評価できなかった理由は、玄関や窓はすべて白色の建具を使っており、マスキングの雑さから、少々紫色の塗料が、その白い部分にはみ出している場所もあって、これらが減点の理由です。
その他の事柄では、建物の南側にはジャスミンの木がグリーンカーテンのように建物に干渉するほど生い茂っていましたが、私が半分くらいに伐採してロープで束ねておくと、それを避けながら上手に塗装をしてくれました。
この部分だけは大変満足でした。

Q:外壁塗装のついての要望はありますか?
A:私の住む高知県は、国内でも紫外線が強い方です。
何色に塗るか女房とも話し合って、どうせ色が薄れて来るから、白くしようか、とも考えましたが、もともと紫色が薄れて、10年でほぼ水色の建物になっていたため、下地の色も少しは影響することから再度紫色に塗りました。
このように、白やベージュのありきたりな色以外でも、紫外線に強い塗料が増えて来てもらえると、もっと街はにぎやかになると思います。

外壁の保護材の特徴について

日々、紫外線や雨風にさらされ事により耐久性が落ち、ひび割れ、坊カビ、防藻などで劣化が進みます。
新築から10年を目安に外壁の保護材で家をプロテクトする事で家を長持ちさせ、快適に過ごす事ができます。

外壁を綺麗に保つ為にはUVプロテクトシリーズという塗料があります。
セラミック系樹脂とフッ素樹脂タイプがあり、それぞれ、分子構造と紫外線吸収剤の働きで長期にわたり家を保護してくれます。
また、保護材を使う事で汚れやカビにも強くなります。

外壁保護 塗装

保護クリアー塗料は、つや有り、3分ツヤ有りと質感を選ぶ事もできるので、
塗装業者さんに相談してみると良いですね。

UVプロテクト(保護材)は光触媒のサイディングボードなど適さない材質の壁もあるので、
見積の際に相談が必要となります。

>>UVプロテクトの相場を10秒で確認できる「外壁塗装の駆け込み寺」はこちら

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)