耐久年数を上げる外壁の塗替え時期をチェック項目で確認する

街をお散歩していて、ある日突然「この家、新築のように綺麗になったな~」なんて思った事はないですか?
そんな時、「家も壁が汚れてひびが入ってるから、そろそろ外壁の塗り替えをした方がいいかも・・・?」
なんて思います。

外壁塗装は通常10年を目安に行うと家の耐久年数が上がり良いと言われています。

しかし、水漏れ、雨漏り、キッチンやお風呂の水回りのリフォームは優先されるのに対し、
外壁の汚れやひび割れ、サビなの汚れを感じてもどうしても外壁の塗替えリフォームの優先順位は一番後になってしまうものです。

マンションや集合住宅の場合は積み立てや管理費などで、外壁塗装やリフォーム代金をまかないますが、
個人の戸建て住宅の場合は家計的に優先順位は一番最後になって当然の事でしょう。

しかし、大切なマイフォームを何十年も快適に住み続けたいと思うなら、外壁塗装はとても重要なんです。

そこで気になる耐久性を上げる外壁塗装をするタイミングのサインは何か?

geiheki-tosou3580

外壁の塗り替えはいつやったらいいの?
✔外壁塗装はいつ塗り替えをすればいいのか解らない
✔塗り替えの時期は自分で判断できない

そんな時は幾つかの項目がご自分の家に当てはまっているかチェックしてください。

1.外壁の汚れが目立つ
2.外壁の色あせが目立つ
3.ひび割れが目立つ
4、塗装の剥がれが目立つ
5.カビや藻が発生している
6.手すりや鉄製の部分の腐食
7.外壁に白い粉が付着している(チョーキング現象)

これらが気になり始めるのが、住み始めて始めて10年がたつ頃に気になる現象です。
これが、外壁塗装の塗り替えのサインと思ってください。

上の7つの症状は頬っておくと、ドンドン腐食や劣化は進みます。
これを進めないよにするのが外壁塗装、塗替えの役割なので、家の外壁を確認してチェック項目を確認してください。

現在は太陽光をはじいて、室内の温度を下げる遮熱塗料や、雨が降る度に壁を自動的に綺麗にしてくれる、
光触媒塗料などもあるので、外壁塗装業者さんとに相談してみると、今より快適に過ごす事ができるので、
思い切って塗替えをするのも良いかもしれません。

しかし、外壁塗装のチェック項目でいくつか当てはまって、工事を業者に依頼したいと思っていても、
一生のうち数回しか行わない外壁塗装はだれもが初心者です。

信頼できて良い塗装業者を選ぶ事もマイフォームの耐久年数を上げる大切なポイントですよね。

外装塗装をどこに依頼したらいいのかわかない!と言った方には
ネットでの一括価格比較サイトが便利です。
いい加減な工事でせっかくの塗装がすぐに剥がれてしまったりというクレームを防ぐ為に悪質業者をフィルターにかけ選別しているので、良心的な塗装業者の中から一括見積もりを取る事ができます。

優良業者から見積もりを取りたい場合は外壁塗装の窓口 と外壁塗装の駆け込み寺がおすすめです。

>>外壁塗装の窓口はこちら
「外壁塗装の窓口」は業界最大級、外壁塗装、屋根塗装、サイディング専門業者から一括見積できるサイトです。
マイフォームの情報を入力するだけで条件にあった優良業者を無料でご紹介・見積ができるサービスです。

>>外壁塗装の駆け込み寺はこちら
「外壁塗装駆け込み寺は」全国対応の外壁塗装一括見積もりサイトです。
厳しい基準をクリアした優良塗装業者のみが加盟店として登録されています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)