チョーキング現象(白亜化現象)が現れたら外壁塗り替えの時期

一戸建てマイフォームに住み始めて10年ほどすると、外壁の汚れが気になったり、ひび割れが入ったり、気になる部分が出てきます。
その時は目で見るだけでなく、壁を手で触ってみてください。
壁を触って手に白っぽい粉のような物が付いてきたらチョーキング現象が始まっています。

チョーキング現象とは白亜化現象とも言い、外壁を手で触った時に白っぽい粉のような物が付いてくる現象です。
外壁に塗ってある塗料は紫外線や雨、風などにより劣化します。
また、建物の立地条件に合わない塗料を使っていると起こる現象でもあります。

チョーキング現象が現れた時は防水効果が切れたというサインなので、外壁塗装の塗り替え・リフォームの時期となります。

チョーキング現象を長期に渡りそのままにしておくと、耐久性が落ち防水効果が無くなるので、
水漏れの原因になったり、壁が水分を含んでしまい変色が起こしたり、ひび割れ、腐りの原因になるので気を付けてください。

 

チョーキング現象の塗り替え方法と見積もりの取り方

チョーキング現象の塗り替えの時には、壁に着いた白い粉を高圧洗浄で洗い流す作業から行いいます。
壁の状態によっては硬化した塗料材料を剥離してシーリング材で打ち直す場合もあります。
その後に、下地⇒中塗り⇒上塗りの順に工程は進みます。

チョーキング現象を長い間放置して、劣化が進んでから工事をすると費用が高額になるので注意が必要です。

 

チョーキング現象で塗り替えしようと思ったら

外壁の塗り替えの時は数社から見積もりを取ってください。
➀近所・知り合いの個人塗装業者、➁リフォーム会社、➂ネットで一括の見積もり、
この3つから見積もりを取って比較してみると良いでしょう。

ネットでの一括見積はその後の勧誘がしつこいのでは?
と心配しますが、最近ではそんな事はありません。

「外壁塗装の窓口」という外壁塗装の見積もりサイトでは「イエローカード」制度というお断り制度が設けられており、
評判の悪い業者をリストから排除するシステムを取っているので、登録業者は親切で安心の業者ばかりです。

また、「外壁塗装の窓口」では依頼する業者が決まった時に、「お断り代行制度」があり、
他の業者へのお断りを外壁塗装の窓口が代行してやってくれます。

この2つの制度で悪質業者を排除されるので、安心業者の中から価格の比較や塗装工事の内容を納得した上で依頼をする事ができます。

チョーキング現象で外装塗装をお考えの場合は参考にしてくださね。
>>外壁塗装の窓口の詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)