あなたの家の外壁を自分でチェックするチェックリスト

私の家の場合、道路に面していることから、外壁の劣化が非常に気になりました。
もちろん家族からもいろいろ文句が出てきたことも確かです。

外壁塗装チェックリスト

さて、以下は自分でできる外壁の痛みチェックリストです。

□汚れが付着して取れにくくなっている
□塗料の色あせが激しい
□ひび割れが発生している(細かいものも含めて)
□鉄部が錆びている。腐食している
□カビや藻が発生している
□壁を押すと一部がたわむ
□塗料に触れるとバラバラ落ちてくる
□内部に雨漏りがする
□塗装の一部が膨らんでいる
□外壁を手でこすると白く手のひらが汚れる
放っておくのあたなの家の外壁はこんな風に

このような症状は一例ですが、汚れが取れないことによって美観が損なわれるだけならまだしも、塗料が落ちてくるなんていう症状は、通気性が悪く質の悪い塗料を使っているからかもしれません。

また塗料が膨らんでしまっている場合は、以前塗装をしたときに、壁に水分が残っていたり、梅雨などの湿気が多いときに塗装したりした場合に起こる症状です。これが塗装業者であれば質の悪い仕事と言えるでしょう。

カビや藻が発生している壁は、単純に塗り替えられません。
原因としては、その部分に日が当たらないか、北向きの場所であることが多いです。塗り替える際は、殺菌してから施工に当たる必要があります。

サビはさらに問題です。
放っておくとどんどん腐食していくのです。
完全に外壁が腐食してしまえば、塗装どころではありません。立て替えですね。
それぐらい致命的な症状なのです。

サビの初期であれば、サビを落としたあと、強力なさび止めをすればまだ悪化をストップさせることができるのです。
サビが進み、放っておくと、写真のように鉄が朽ちてボロボロになってしまいます。
フェンス塗替え

チェックリストで自分で確かめる理由

なぜチェックリストで外壁の痛みを自分でチェックできるようにした方がよいのか?

これらが分からないと、悪徳業者に余分な費用を見積もられたり、逆に知識がないために、妥当な費用見積がでているにも関わらず、その業者を疑ってしまうことにもなりかねないのです。

例えば、カビが生えている外壁では、まずバイオ洗浄で塗装面を洗浄してから塗装しなければならないのです。サビが発生している壁のさび止めと一緒ですよね。

チェックリスト一番最後の「手でこすると白く手のひらが汚れる」は実は致命的です。
これは塗料のチョーキング現象と言って、外壁に塗った塗料の防水効果が切れたというサインです。

このまま放っておくと文字通り、水が防ぎきれなくなり、壁に染みこんでいきます。
すぐには家の中に水漏れが起こるわけではありませんが、壁の内部に腐食が起こってくる可能性が非常に高いです。

リフォーム業者や塗装業者はプロです。

それ故に知識では私たち素人は負けます。
ただし、「備えること」「あらかじめ想定すること」により、対処する事ができます。
もちろん、リフォーム業者でも塗装業者でも悪徳業者が多いわけではありません。
しかし、最近ニュースをにぎあわせているマンションの柱問題でもそうですが、こちらが知らないことにより、損害を被ることもあります。

知識を付けることが重要ですね。

外壁の塗り替え専門の無料見積もサイトのお勧めは↓この2社!

✔業界最大級、外壁塗装、屋根塗装、サイディング専門サイト「外壁塗装の窓口の詳細」はこちら

✔全国対応!業界最大件数、外壁塗装・屋根塗装の無料一括見積もり「外壁塗装の駆け込み寺の詳細」はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)